2012年 09月 10日

四国のてっぺん酸欠マラソン

サマーロード第三章
今シーズンは、ランニングのオフシーズンにもかかわらず、中山花の森行脚、汗見川清流マラソン。四国のてっぺん酸欠マラソン。と三本のレースを月一ペースでやり遂げました。この三つ、すべてが、山登りコース、走り始めてからでも今までで一番きついと思うレース三連発でした。走り終わった後、もうレースは当分要らないといったランブルーになりそうですが、
これまたチームランシックで参加しましたあ!
e0145437_108833.jpg



最高のロケーションになる予定でございました。
e0145437_10046100.jpg

イメージではこれ!!!


ただ当日は、
e0145437_1004758.jpg

雨。寒い。濃霧。。。
山の天気は、下界とは一転しておりました。
e0145437_1005166.jpg


半ばヤケクソ気味です。
カッパを持参していたのが、せめてもの救いでした。
e0145437_1005048.jpg

酸欠で苦しいとはかんじませんでしたが、足が重たく感じまして、体の切れがない感じ、きょうはあまり調子がよくないな〜とぼちぼち走っていましたが、その横をぼくをランニングへいざなったNさんがさっそうと下り道で抜き去ったときに、Nさんの朝の言葉が頭のなかを駆け巡りました。「練習のハーフなんだから、突っ込んで走ればいいんよ!!!」
はい。。。そこから、いけるとこまで突っ込みました(笑)
前回の汗見川はしんどさにビビって自分を追い込みできなかったのが、悔いに残ってましたので、今レースは満足しています。。
e0145437_1005027.jpg

タイムは案外ですが、これが酸欠の効果なのですね。。一割差し引いたタイムが、平地のタイムと思います。ぼくならば、一時間四十八分ぐらいなので、百八分の一割引いて、一時間三十七分ぐらいのタイムとなりますね。。
e0145437_1005211.jpg

また行きたいレースの一つです。

みたいな。
[PR]

by cafe-cabaret | 2012-09-10 09:14


<< びば香川!      酸欠マラソンへ向けて! >>